本文へ移動

NanoZone Solution とは

NanoZone Solution の光触媒作⽤

NanoZone Solution の光触媒作⽤

NanoZone Solutionの酸化チタンは、太陽光や蛍光灯、LEDなどの光を吸収して強い光触媒作⽤を発揮します。光エネルギーは、酸化チタンの超微粒⼦の中で変換され、そのエネルギーが空気中のO2微粒⼦表⾯でスーパーオキサイド(O)を⽣成し、⽔中ではH2Oからヒドロキシラジカル(OH-)⽣成します。かび、細菌などの微⽣物やウィルスは、酸化チタン粒⼦表⾯で酸化され、死滅もしくは不活化します。
ホルムアルデヒド、ベンゼン、トルエン、メタンなどのVOC(揮発性有機化合物)は、酸化チタン粒⼦表⾯で酸化分解されて、無害なCO2とH2Oとなります。

NanoZone Solution の特性

NanoZone Solutionは超微粒⼦⾃⼰結合型酸化チタンが分散している⽔溶液です。海外において幅広い分野で使⽤され⾮常に⾼度な製品になっています。
1.⽔溶液中の超微粒⼦酸化チタンのサイズは、2〜3nm という世界最⼩の超微粒⼦です。
2.そのサイズからもはや重量はなくなり、したがって重⼒の影響を受けることはなくなります。
3.⽔溶液中の超微粒⼦酸化チタンは、⾼ポテンシャルエネルギーを持っているので、粒⼦は⽔中で⾼速運動し、光エネルギーを吸収
する機会が⼤きいため、極めて⾼い光触媒活性⼒を発揮します。
4.⽔溶液中の超微粒⼦酸化チタンは、分⼦間⼒によって、あらゆる物質の表⾯に粒⼦⾃⾝の量⼦物理的⼒によって付着・結合します。施⼯後、⽔が蒸発してしまうと、酸化チタン粒⼦⾃体が、あらゆる表⾯に⻑期間にわたり強い結合を⾏います。
5.ウオーターベースの溶液であり、バインダーを使⽤していません。
6.200~500nmの広い光エネルギーを吸収して、触媒作⽤を発揮します。
7.⽔溶液中の超微粒⼦酸化チタンは毒性はなく安全です。
8.このようなサブ名のサイズの世界では、物質の性質はニュートン⼒学的法則には寄らず、量⼦⼒学的法則に左右されることになります。
9.過去半世紀以上、酸化チタン光触媒製品の⼤きな課題であった、酸化チタンの活性表⾯を覆ってしまうフィルムを形成する、バインダー(接着剤)を使うという⽭盾を解決し、光触媒効果を理論通りに発現させる環境を、NanoZone Solutionの超微細粒⼦化技術によって実現し
ました。
     ↓   ↓    ↓
・NanoZone Solutionの施⼯時にあたって、前処理やプライマーの施⼯は必要ありません。
・施⼯後数分で乾燥し、その効⼒を発揮し始めます。
・施⼯表⾯のテクスチャーや⾊調を変えることはありません。
・光がある限り、⻑期持続的に作⽤し続けることができます。
・伝染性病原菌の接触感染を防ぎます。
・室内の空気清浄度を向上させます。
 

光触媒コーティング|酸化チタンコーティング

光触媒コーティング|酸化チタンコーティング
業種別に分類をしております。是非、ご検討をください。こちらからも→クリックください。
 
TOPへ戻る