本文へ移動

ATP測定(生物発光法)

ATP測定(生物発光法)

生物発光法は、エネルギー源として機能する生細胞および微生物のすべてまたは一部に存在するATPの量の測定です。ATP(アデノシン三リン酸)と特定の化学物質の生物発光反応中に放出される光の量は、ATPの量に正比例します。
 

ATPテストは、微生物汚染だけでなく、微生物の捕獲の基質として機能する有機物存在検出するため、汚染テストであり、それらの成長と消毒剤の影響に対する保護の繁殖地です。

すべての有機物(生きている、または元々生きている)には、食物、バクテリア、菌類および他の生物を含むATPが含まれています。ATPテストは、クリーニングプロセスの成功を確認するための理想的な方法です。

BIOLUMINISCENCEは、バクテリア(および他の生物-真菌、原生動物、投手甲虫など)で発生します-生物の光の放出(放出)です。それは特定の生化学反応の結果です。有機物質には、吸収されたエネルギーを光=発光物質に変換する能力があります。光は副産物として生成されます。

 

生物発光 医学、宇宙研究、生物学的研究に応用されています

ルシフェリンと呼ばれる物質は、酸素の存在下で酸化されます。光は、ルシフェリンと呼ばれる基質(基質は生物が生息する環境です)が酸素の存在下で酸化されるルシフェラーゼ触媒(誘導)反応の副産物として生成されます。これらの反応は酸素の存在下でのみ行われ、ルシフェラーゼとルシフェリン、ATP、マグネシウムイオンの2つの物質が常に必要です。

ルシフェリン =ルシフェラーゼ酵素の基質となり、光を生成する物質。
LUCIFERASE =生物発光を可能にする酵素の総称。
ATP = アデノシン三リン酸 -すべての生物に見られる-は、生細胞の重要なエネルギー源です。

ルシフェリン+ O 2 -----------------------オキシルシフェリン+ CO 2 +光

分子を酸化することにより、励起状態に入り、低エネルギー状態に戻ると、光の形でエネルギーが放出されます。

生物発光法は、技術的プロセスの衛生状態と施設や設備の清潔さを迅速に検出および監視する必要がある環境で使用されます。これは、衛生効率を測定する正確な方法です

放出される光の量は、高感度のKIKKOMAN =ルミノメーターを使用して客観的に定量化できます。この量は、相対光単位-RLUで表されます。

RLUはサンプル中のATPの量に直接依存しているため、サンプル中の生物学的汚染の量に直接依存しています。

ATP測定(生物発光法)利点

  • プロアクティブなリアルタイム監視 -ルシフェラーゼとATPの反応は瞬時であり、読み取りは数秒です。これにより、すぐに修正措置を講じることができます。
  • 信頼性 -システムは、たとえ目に見えなくても、生物学的物質(食物残渣や体液など)と微生物残渣の存在を識別します。結果は信頼でき、表面の清浄度の客観的な評価を提供します。
  • 直接的および間接的なリスク評価 -テストは存在するすべての生物学的物質を検出するため、微生物だけでなく、食物やその他の生物学的残留物が微生物栄養源である可能性のある潜在的に危険な領域も検出できます。
  • 使いやすい -このシステムは、毎日のクリーニングモードに簡単に統合できます。
  • 簡単な評価 -結果は、機器または作業台の衛生状態に直接関連する相対光単位(RLU)で報告されます。得られた結果は、十分な-不十分な所定の制限値と直接比較できます。RLU値が低いほど、表面はきれいになります。

 

弊社が実際に測定に使用しております。

弊社では、実施前と実施後で、施工完了検査を行いお客様にも施工効果をご確認頂いております。
検査は、最も支持されている検査方法ATP(+AMP)ふきとり調査。国や地方自治体、また殆どの食品メーカーなどで採用されている確実性の高い検査方式です。検査実施にあたっては、キッコーマンバイオケミファ―株式会社の“ルミテスター”を利用し、確実性の高い測定結果をご提供しています。
 
 
 
TOPへ戻る